たのしい傭兵団1

たのしい傭兵団1
著 : 上宮将徳
イラスト : 望月朔

エリート学生の就業先は傭兵団の事務長だった。最底辺の職業とされる傭兵団の運営を立て直すことはできるのか!?

「傭兵」それは、勇ましい呼称と裏腹に、この時代において最底辺とされる職業である。王立大学院の学生ウィラード・シャマリは、順調にエリート街道を歩んでいた。しかしある日、伯父である傭兵団長ガイアスバインに、事務長の代わりをしてほしいと頼まれる。義理と進路との狭間で悩み、王立大学院を休学して、傭兵となることを決意したウィラード。しかし、いざ仕事にとりかかろうとしても、エリートに向けられる傭兵たちの目は厳しかった。「お前らが毎日パンと肉を食えるようにしてやる」大勢の前で大見得を切るウィラードだったが、団の運営は想像した以上にいいかげんだった。幼馴染で妹分のイルミナ、万夫不当の勇者ティラガ、旅の途中で知り合った少年ジュラス。数少ない仲間の協力のもと、ウィラードは悪戦苦闘しつつも、仕事の割り当てや食糧の確保、団員の教育などに取り組んでいくことになる。

立ち読みはコチラ

定価 : 972円(税込み)
ISBN : 978-4-07-422801-0
発売日 : 2017/01/18
amazon
LINEで送る
Pocket