拷問魔女

拷問魔女
著 : 中野 在太
イラスト : とよた瑣織

今、最もホットな「拷問」がテーマの衝撃の問題作。魔女が魔女狩りに恋をして…? エグくてエモくて愛しい2人の少女の物語。

人魚が泡になり、毒が飛び散った。
滅びに直面した世界で、君は魔女狩りに選ばれた。
私は毒を浴び、右目の魔女になった。
数多の魔女を狩って世界を守った魔女狩りは、
自らの死を求め、右目の魔女のもとを訪れた。
殺意を死で返す返報の毒を有する右目の魔女は、
ただひとり、不死の魔女狩りを殺せる存在だったから。
ただし、魔女狩りが右目の魔女を殺したいほど憎めたのならば。
右目の魔女は、待ちくたびれていた。
いつまで経っても自分を狩りに来ない魔女狩りの遅すぎる到着に、
憤りさえ覚えていた。
それでも右目の魔女は、魔女狩りへの協力を誓った。
右目の魔女が、私が、君に恋をしたから。
最後の希望に殺意を抱かなければならない、
魔女狩りが陥った最悪の自己矛盾を解消するため、
右目の魔女は提案する。
「これまでに君がされて嫌だったことを、私がやるのはどうかしら」
「……拷問ですね」。
魔女狩りは語り始める。
長靴、オーストリア式梯子、掃除屋の娘……凍える寒い冬、廃墟に監禁され、
絶え間なく浴び続けた暴力と苦痛についての記憶を――。
そして、右目の魔女と魔女狩りは、かつて魔女狩りが受けた拷問を再現するため、
工夫と失敗、工作と成功を積み重ねる。
柿バターをたっぷりのせたトースト、桜木町駅前広場のチョコアイス、
赤レンガ倉庫の飲茶――ひどく暑い夏、ふたりで横浜を歩き回り、
他愛ないおしゃべりに耽りながら。
魔女と魔女狩りは拷問と日常を往還し、互いを知っていく。
望む結末から遠ざかってしまうと理解しながら、少しずつ惹かれあう……。
どうでもよさそうな曇り空の下、拷問とガーリーな日常が始まる。
「ガール ミーツ ガール」と呼ぶには裏表がありすぎる、二人の少女の物語。

定価 : 792円(税込み)
ISBN : 978-4-07-452363-4
発売日 : 2022/06/30
LINEで送る
Pocket