異世界チート魔術師 15

異世界チート魔術師 15
著 : 内田 健
イラスト : Nardack

シリーズ累計320万部突破。 待望の15巻は三人娘が大活躍!
太一不在の中の大事件。敵は竜人&竜? 凛たちの運命は?

太一たちはさらなる戦力アップのためにクエルタ聖教国を訪れる。
太一はサラマンダーと契約するためにドナゴ火山へ向かった。
一方、衛星都市パリストールでは紫色のドームに包まれ、
魔物の襲撃が始まってしまう。
太一不在の中、凛、ミューラ、レミーアの三人は
カシムたちの協力もあって無事に解決する。
だが、その直後、聖都ギルグラッドもまた
同じ紫色のドームに包まれてしまう事件が起きる。
太一がいまだ戻らぬ中、凛たちエリステイン魔法王国の一行は、
休む間もなく聖都に数時間かけて向かう。
しかしギルグラッドでは何も起きていなかった。
凛、ミューラ、レミーアは、不気味な静けさと異様な雰囲気の中で、
聖騎士団と協力して街の調査を開始する。
老夫婦の変死事件、スラムでの対立への介入……。
調査を続けていると、一人の美女が接触してきた。
精霊魔術師となった凛とミューラでも、一対一では勝てないであろう強敵。
一方、太一はサラマンダーから課される試練が佳境を迎え、
ついに最終試練までたどり着いていた。
その最終試練は、聖都ギルグラッドにおける事件を解決しようと
奮闘している凛、ミューラ、レミーアの助けになるものだという。
最終試練だけあって達成の条件もかなり厳しい。
ここまできてやり直しはしていられない。
とっとと片付けて凛たちの助けに行かなければ、
と誓う太一であったが----。

定価 : 792円(税込み)
ISBN : 978-4-07-449711-9
発売日 : 2021/10/29
LINEで送る
Pocket