不死王の息子 1

不死王の息子 1
著 : 日向夏
イラスト : 大地幹

「薬屋のひとりごと」日向夏の新境地、カニバリズム・コメディ。
人外×不死身少女×死亡フラグ。
ある日、クラスに転校生が…?

『これ、何の肉?』 ----現代日本、でもけっこう普通に
人狼や吸血鬼など人外たちが暮らしている世界。
中学受験を控えた小学六年生の少女・由紀子のクラスに
転校生がやってくる。
山田不死男と名乗るその少年は、「不死王の息子」だった。
ある日、由紀子は同級生を助けるために食人鬼に襲われるが、
不死男によって命を救われる。
しかし、代償として由紀子は人間ではなく
人外である不死者になってしまう。
こうして由紀子は人外の中でも孤高とされる不死王の同族となり、
彼らと接していくことになる。
食材扱いされる不死王こと山田父。
天然すぎて浮世離れした山田母。
ぶっ飛んだ両親と弟のために日夜周囲の人々に
土下座をしまくる山田姉兄。
歩くだけでひたすら死と隣り合わせになる山田不死男。
どこをどう突っ込めばいけばいいかわからない不死者たち。
-----人外の中でも孤高とされる不死王の一族.
彼らと接することで、小学六年生の日高由紀子のメンタルは
鋼のように鍛えられていく。
食らえば不死身になれるという不死者の血肉を狙う
食人鬼たちが、由紀子に近づいてくる。
明るく元気に死にまくる不死男との不条理かつスプラッタな日々。
そして、無駄に明るい不死男にはとある秘密があるようで――。
真面目な普通の女の子に再び平穏な日常は戻ってくるのだろうか?
これは不死身になった女の子と不死王の息子が
様々な死亡フラグにぶちあたるお話である。

定価 : 715円(税込み)
ISBN : 978-4-07-450513-5
発売日 : 2021/11/29
LINEで送る
Pocket