薬屋のひとりごと 12 ドラマCD付き限定特装版

薬屋のひとりごと 12 ドラマCD付き限定特装版
著 : 日向夏
イラスト : しのとうこ

シリーズ累計1800万部!
悠木碧・櫻井孝宏・津田健次郎・松岡禎丞ほか出演!
日向夏先生書き下ろし2枚組ドラマCD!

<ドラマCD出演キャスト>
悠木碧、櫻井孝宏、津田健次郎、松岡禎丞、広瀬裕也、内匠靖明、小林千晃、新田京助ほか。
<ドラマCD1 宮廷ボーイズトーク>
「何をやっているのですか? 羅半殿と馬閃さまに李白殿」
「陸孫殿、見ての通り……」
羅漢の執務室の前に集う、4人の男。
主の帰りを待ちながら、愚痴のこぼし合いが始まる。
やがてお茶談義から思わぬ方向に話が転がっていくのだが―――。
<ドラマCD2 魂の蝋燭>
ある日、壬氏と高順が持ち帰った一本の蝋燭。
死者の魂を呼び戻す力があると言われ、
高値で売り出されていたという。
眉唾ものと信じない猫猫だったが……。
「この蝋燭を使って死人が蘇ったとのことです」
高順の言葉が猫猫の好奇心に炎を灯す。
<書籍 薬屋のひとりごと12>
玉鶯は、蝗害は異民族のせいで起きたと憤る民を鎮める名目で、
砂欧に戦争を仕掛けようとしていた。
壬氏は戦を避けようと頭を悩ませていたが、
玉鶯の暗殺という思わぬ形で戦を回避することになる。
しかし、領主代行を失った西都の舵を取る者がいない。
壬氏は、いやいやながら西都の政務を執ることになった。
猫猫は、心身ともに疲弊する壬氏を気遣いながら、
怪我人や病人を診る日々を送っていた。
そんなある日、壬氏は、領主代行だった玉鶯の息子たちを、
西都のために後継者として政治を教え、育成してほしいと頼まれる。
しかし、玉鶯の長男・鴟梟はどうしようもない無頼漢であった。
他の二人も後継者教育を受けたことなどないことがわかり、
猫猫は頭を抱えてしまうのだが----。

定価 : 3300円(税込み)
ISBN : 978-4-07-452386-3
発売日 : 2022/07/29

LINEで送る
Pocket