康太の異世界ごはん 6

康太の異世界ごはん 6
著 : 中野 在太
イラスト : 七和 禮

「我が国は未知の感染症に襲われている」。致死率5割の悪疫が王宮に。コロナ禍の今こそ読んでほしい。6巻だけでも感動します。

康太たちが、移民島を救ってから、しばらくのこと。夏だというのにヘカトンケイルでは、やけに肌寒い日々が続いていた。移民島の二人の少女・白茅とキュネーは、変わりゆく状況に翻弄されていた。一方、康太と榛美は、ピスフィからヘカトンケイルの国家元首にしてピスフィの父、ピスディオ・ピーダーの帰国祝いに相応しい料理をつくってほしいと依頼される。ピスフィには、ナバリオーネとの対立によって空中分解寸前となってしまったピーダー閥を、饗宴によってつなぎとめる狙いがあった。康太たちは腕を振るって料理を作る。仕事が終われば、みんなでお酒を酌み交わす。仕事は楽しく、お酒はおいしく、すべて世は事もなし。そんな平和な日々に感謝する康太たち。一方、ヘカトンケイル人は、忍び寄る凶兆に気づいていなかった。朽ちない遺体を乗せた小舟が、風雨と共に潟に打ち寄せたことに――。

定価 : 792円(税込)
ISBN : 978-4-07-447936-8
発売日 : 2021/02/27
LINEで送る
Pocket