傭兵団の料理番 11

傭兵団の料理番 11
著 : 川井 昂
イラスト : 四季 童子

今、最高にホットな飯テロラノベ最新刊。17歳の少女に対決を挑まれたシュリが作る驚愕の菓子とは? そしてまさかの結末とは?

領主となったガングレイブは毎日仕事に追われていたが、反領主派によるストライキが起こしたり、ガングレイブたちの親と名乗る人物が現れて多方面に迷惑を掛けるなど、混乱が増していく。また、アーリウスとの関係も曖昧なままでいるなど、プライベートの問題も山積していた。一方シュリも、弟子となったガーンとアドラと共に城の厨房で忙しく働いていた。そんなある日、オリトルの宮廷料理長ゼンシェの孫、ミナフェから料理勝負を挑まれる。彼女も実力ある料理人。周りからもてはやされるシュリの腕を疑う彼女は初対面でいきなり喧嘩を吹っ掛ける。「お前がそんなご大層な料理人だとは思えないっち。証明しろ」テビスたち立会いの下、お菓子対決が行われることになるのだが----。その結末は、まさかまさかの……!?

定価 : 700円+税
ISBN : 978-4-07-447416-5
発売日 : 2021/01/29
LINEで送る
Pocket