傭兵団の料理番 13

傭兵団の料理番 13
著 : 川井 昂
イラスト : 四季 童子

「その料理はなぁ、全員の希望や」。被災地で作る芋煮の味。
怒り、悲しみ、喜び…あらゆる感情渦巻くシリーズ最高感動の13巻。

ガングレイブとアーリウスの結婚式が無事に終わり、
テビス姫たちが帰国したあと、再びシュリは旅立つこととなった。
次なる仕事は、新領主ガングレイブに対して悪感情を持っている
領内の有力者たちを説得すること。
良質な糸と布を生産するシュカーハ村はエクレスを支持しており、
婚礼衣装を巡る行き違いでガングレイブは憎まれていた。
そこでシュリは料理を振る舞い、リルは製糸工場を改善し、
アサギやクウガたちは子供たちに武勇伝を語って
村人たちの警戒心を解いていく。
周辺の村々の物資を集積し売買する、商人が仕切るエエレ街。
シュリとリルは豊穣祭が近づく村で神殿の目から逃れつつ、
そこに住む子供たちと交流する。
夏休みのようにシュリとリルは仕事を忘れて遊び呆けた。
そんな旅の中、ウゥミラ村で災害が発生する。
救助に向かったシュリたちが目にした光景はまさに地獄絵図。
シュリは被災した人たちのために必死に料理を作り励ましていく。
リルとオルトロスは生き埋めになった村人の救助を、
エクレスとアサギは被災者の介護を、
クウガは火事場泥棒を取り締まるべく動く。
一段落して旅立ったシュリたちは、そこで一人の男の襲撃にあった。
かつてオリトルの魔剣騎士団団長ヒリュウを切り伏せ、
あまりの噂の量から逆に存在を怪しまれた武術の達人、
リュウファ・ヒエンとの戦闘。
クウガはリュウファと交戦に入るものの――。

定価 : 803円(税込み) 
ISBN : 978-4-07-449705-8
発売日 : 2021/10/29
LINEで送る
Pocket