傭兵団の料理番 15

傭兵団の料理番 15
著 : 川井 昂
イラスト : 四季 童子

シュリを殺せ! ただの料理人なのに絶体絶命の大ピンチ!
麻婆豆腐、雑炊、肉じゃが…飯テロ警報発令中の大人気シリーズ!

グランエンドでかつての同僚で友人である篠目と再会したシュリ。
だが、シュリは再び遠くへと赴くこととなる。
そこはグランエンドの支配者、ギィブの末姫であるアユタが
長を務める前線基地であり、シュリをアユタの料理人にするためだった。
しかしアユタは好き嫌いが激しく、激辛料理以外を食べると
躊躇なく暴力を振るう手に負えない姫様だった。
実際に被害に遭っている前任の料理人から話を聞いたシュリは
アユタに激辛以外の料理を振る舞い、この状況を打開しようと決心する。
アユタの激辛好きを改善し、シュリがここから去った後の料理人たちが
危害を加えられないようにするために行動を開始する。
だが、シュリを監査するために六天将のミコトとビカも砦に来るようになり、
さらに忙しい日々を送ることになってしまった。
ビカは鍛錬のしすぎで体を壊しかけていたところを、
シュリの料理と世話によって体調を回復させていく。
一方、ミコトはカグヤの小説の読者であることがわかり、シュリと交流を深めていく。
だが、ミコトはシュリに違和感を覚えていた。
ある疑いを持ったミコトはアユタと相談し、シュリの調査を開始するのだった。

定価 : 814円(税込み)
ISBN : 978-4-07-453233-9
発売日 : 2022/09/30
LINEで送る
Pocket