ダンボールに捨てられていたのはスライムでした1

ダンボールに捨てられていたのはスライムでした1
著 : 伊達祐一
イラスト : keepout

魔装具職人の青年が拾ったのはスライムだった。愛した女性との約束を守るため、優しい奇跡が巻き起こる!

竜が空を舞い、その横をジャンボジェットが通り過ぎる。列車は空を飛び、車は魔法で動く。そこは科学と魔法が融合した世界。一人の大学生が、一人の少女を救おうとあがいていた。大学生の名は植木信。「魔装具」を作る職人だ。信はその魔装具を使って寝たきりの友人を救おうとしていた。ただ、子供の頃から何年も研究を続けているが、成果は出ない。植物状態の友人は、どんどん容態が悪化していく。このままだと、何もできずに死なせてしまう。病院で新型の魔装具を試すが、うまくいかない。今日もだめかとため息をついて、信はいつものアルバイトに向かう。魔装具づくりにはお金がかかる。少しでも稼ぎが必要だった。アルバイトを終えて家に帰る時、信はダンボールが捨てられているのを見つける。その中に入っていたのは頭にフサフサのタンポポが生えた、緑色のスライムだった――――。

定価 : 590円+税
ISBN : 978-4-07-428235-7
発売日 : 2017/11/30
amazon
LINEで送る
Pocket