察知されない最強職 10

察知されない最強職 10
著 : 三上康明
イラスト : 八城惺架

コミックスも大絶賛! 絶好調! 最新巻は英雄死す? 冒険者ギルド、ランクAパーティー、ダンジョン…その先にある悲劇とは?

各地にダンジョンが出現し、世界には混乱がもたらされた。
だが、冒険者たちにとっては財宝と名声を手に入れる絶好のチャンスだった。
とはいえヒカルは通常運転。
次はいつ日本に行こうかな……などとのんびりしていた。
そんな時に、国境付近に出現したダンジョンに、
ヒカルのよく知る冒険者ギルド受付嬢フレアが派遣されることになった。
いくら調査のためとはいえ、危険が多そうなので、
ヒカルは彼女の護衛の任務に就こうと手を挙げた。
ダンジョンへ向かう途中に出くわしたのは
隣国の冒険者ギルド受付嬢アンジェラと、
ランクAパーティー「灼熱のゴブレット」。
ダンジョンへ向かうヒカルたちが出会ったランクAパーティー「灼熱のゴブレット」。
リーダーのザッパはなぜかヒカルを気に入り、パーティーに入れようとする。
だが、メンバーは当然面白いわけもなく、
スケアという少年もヒカルに対して冷たい態度で接してきた。
一行はトラブルの気配をはらんだまま僻地の山中にある、湖畔のダンジョンに到着する。
近くの集落には「人魚」にまつわる悲恋の物語が伝えられ、
そしてダンジョン内に出現するのは「半魚人」のモンスターだった。
このふたつには何か関連がありそうだったが、ヒカルは確証を得られなかった。
謎や伝承など気にも留めないザッパたちは、面倒な調査などせず、
ダンジョンを征服するべく果敢に内部へと飛び込んでいく。
ランクAパーティーはさすがに強く、モンスターを蹴散らして奥へと進む。
問題は何もない、単純で「美味しい」ダンジョンのはず……
だというのに、その「悲劇」は誰しもが予期せぬタイミングで起きたのだった。

定価 : 792円(税込み)
ISBN : 978-4-07-450810-5
発売日 : 2022/03/31
LINEで送る
Pocket