察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 11

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 11
著 : 三上 康明
イラスト : 八城 惺架

町に「異世界人」が現れた!? 日本に戻ったのはいいけれど…想定外の事件が続々と! 大人気ファンタジー待望の11巻!

日本へと戻ったヒカルとラヴィアを、突然カメラのフラッシュが捉えた。
「東方四星」と同じマンションに偶然住んでいた新聞記者、佐々鞍綾乃との出会いである。
彼女に撮られた写真を取り上げようとしたヒカルだったが、
あまりに記者としてポンコツな彼女が気の毒になり、
写真を消すのと引き替えに「隠密」を駆使して彼女にスクープネタを渡すことにする。
それは現職の大臣と政治家秘書が絡む、大規模な汚職事件だった。
一方、ヒカルと入れ替わりにポーンソニア王国に戻った「東方四星」は
ポーラと合流するのだが、こちらでも予期せぬ大問題が起きていた。
聖ビオス教導国に突如として出現した巨大な山。
そこには伝説やおとぎ話として知られていた「ルネイアースの大迷宮」
が存在する可能性があり、さらに大量のモンスターが山の外にあふれていた。
モンスターを倒すのが急務だったが、国力の衰えたビオスでは対応が難しく、
冒険者「東方四星」にも討伐隊として白羽の矢が立った。
迷宮攻略にどれほどの時間が掛かるかわからないため、
日本に戻ったばかりのヒカルたちを呼び寄せる
必要があると判断したソリューズやポーラ。
彼女たちは、「世界を渡る術」を使っているいつもの古びた倉庫に向かうのだが、
老朽化した倉庫は解体が済んでおり、
そのせいで「世界を渡る術」の実行ができなくなっていた。
そんなことが起きているなど知るはずもないヒカルとラヴィアは、
ポンコツ新聞記者の綾乃に振り回され、汚職の舞台となっている
藤野多町までやってきていた。
そこでヒカルが出会うのは、科学全盛の日本においてはあり得ないような
「神秘の山を守る生き方」に固執している老人と、
老人を恫喝している敵対勢力だった。
ヒカルは、その不器用な生き方をしている老人を救うべく行を起こす。

定価 : 836円(税込み)
ISBN : 978-4-07-453316-9
発売日 : 2022/12/28
LINEで送る
Pocket