最強騎士団長の世直し旅 5

最強騎士団長の世直し旅  5
著 : 佐竹アキノリ
イラスト : パルプピロシ

スッキリ勧善懲悪旅、ついに最終巻! 一介の騎士からモテモテ騎士団長へ成り上がった青年のラストは? 獣人美少女との関係は?

魔人『銀霊族』が精霊王の心臓の力を使用して以降、
世界は大混乱に陥っていた。
各地に秘められていた精霊王の遺体が活性化し、
その影響を受けた魔物が大暴れするようになってしまったのだ。
フェリクスたち銀翼騎士団の面々は平和のため、
そして精霊王の遺体の力を回収すべく、砂漠のサンドラ王国へと旅立った。
ただ、そこでラクダに乗ったりオアシスで休んだりと観光していたフェリクスたちは、
炎帝と呼ばれる灼熱の大怪鳥の情報を耳にする。
一方、銀霊族は人類への侵攻の準備を終えようとしていた。
人類もまた、魔人の脅威に対抗して総攻撃を仕掛けるべく動き出し、
各国の連合軍からなる兵が銀霊族の都を取り囲んでいた。
銀霊族と手を組んだ魔人たち。
信教上の理由で動く精霊教正教派の司教たち。
……様々な思惑が交錯する中、フェリクスやシルルカは
過去の因縁に向き合い、己が正義のために戦う決意を新たにする。
フェリクスはかつての上司であり、共に戦った夜嵐騎士団の団長ルドウィン、
そしてこれまで幾度と刃を交えた銀霊族のザルツとの因縁に決着をつけ、
平和を取り戻すために銀霊族との最後の戦いに挑むのだった。

定価 : 803円(税込)
ISBN : 978-4-07-449042-4
発売日 : 2021/05/31
amazon
LINEで送る
Pocket